忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『死化粧師(4)』三原ミツカズ


死化粧師 4 (4)
死化粧師 4 (4)




「ゴスロリじゃない三原ミツカズ」の最新刊。

エンバーミングという、「遺体に防腐、殺菌、修復などの処置を施し、生前の姿に近く戻す技術」を職業とするエンバーマー・間宮心十郎と、彼の依頼人たちにまつわるエピソードが綴られていくまんがです。



「死」が物語の軸になっている分、話は重たいのですが、その分込められている「思い」も深く、読んでいて心温まります。

あと、心十郎のキャラが秀逸。

エンバーミング後は猛烈な寒気に襲われ、「体温がほしい」と言って毎度違う女の子と「ムイムイ」する。

なのに、本命のアズキちゃんにはラブコメの王道、「好きだからイジワルしちゃう」だし、もし指でも触れようものなら、自制できない不安に駆られて突き放してしまう。

女性が描いてる男の子が主人公のまんがって、こういうのが面白いんだよなー。ニヤニヤ。



今回は「花の門」「雨やどり」と、心十郎×アズキちゃんネタが2話収録されていて、心十郎の恋を応援する会・会員(何それ)としては心なごみましたね。

あと、さすがにゴスロリ禁断症状になったらしく、ゴスロリキャラが出てくる会もあったし。

人形作家の椿ちゃんも再登場したし・笑。

いちばん「ヤられたっ!」と思ったのは巻末の「枯れないバラ」かなー。

展開が上手かったですね。心憎い。

死化粧師 1 (1)
死化粧師 1 (1)





死化粧師 2 (2)
死化粧師 2 (2)





死化粧師 3 (3)
死化粧師 3 (3)

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]