忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ウルトラバロック・デプログラマー(3)』浅田寅ヲ

ウルトラバロック・デプログラマー 3 (ヤングガンガンコミックス)
ウルトラバロック・デプログラマー 3 (ヤングガンガンコミックス)


割と常に急展開なまんがなんだけど、今回も急展開(笑)。
しかも実在しない論理で脳内や精神のことを語ってるから、
一文一文を理解するのに骨が折れる(笑)。
これほど読むのに時間掛かるコミックスも少ないですよ(ノ∀`)

今回は主人公である「解体屋」本人の精神の中に
「解体屋」自身がダイブして「精神の解体」を試みるという
(なんかもう書いてていみがわからない)巻です。

荒廃した、今まで彼が「解体」してきた人々の骨で埋め尽くされた世界。
その中になぜか立っている、メキシコ・ウルトラバロック様式の十字架。



精神世界でメキシコの(?)少女が「解体屋(の精神内人格)」に
花輪を贈りながら口にしていた「サンタ・ムエルテ」ということば。
知らなかったのでぐぐりました。

拍手[0回]





via ★「エルエル」様内記事「◆メキシコの死の聖人「サンタ・ムエルテ」

( ゚Д゚)




メキシコを中心に信仰されている「死の聖人」らしい。
聖母マリアの意匠と、土着の死神信仰とが混ざったらしい。

カトリック教会側はこの異教的な風習を認めていないんだけれど、
キリスト教(特にゴシック文化)なんて元々ミックス文化なんだから
それが600年遅れて来てるだけなのにね、なんて思う。

ゴシックとは何か―大聖堂の精神史 (ちくま学芸文庫)
ゴシックとは何か―大聖堂の精神史 (ちくま学芸文庫)

↓2冊 ほしいッス
MEXICO:BAROQUE
MEXICO:BAROQUE

極彩色メキシコ巡礼
極彩色メキシコ巡礼



既刊。

ウルトラバロック・デプログラマー 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
ウルトラバロック・デプログラマー 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)

ウルトラバロック・デプログラマー 2 (ヤングガンガンコミックス)
ウルトラバロック・デプログラマー 2 (ヤングガンガンコミックス)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]