忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『肉体の学校』三島由紀夫

肉体の学校 (ちくま文庫)
肉体の学校 (ちくま文庫)


パッと見、やっすいメロドラマ。
題名も上手いとは言いがたいしね。

三島由紀夫はたまにこういうのを書くし、
そしてそれはなんだかちくま文庫に多いんだが、
まぁたぶん編集者の手腕なんだろう。

そしてこういう作風もたまにやっちゃうZE★
ってのは官僚的空気の中で育った
三島なりの家庭≒自分への反抗なんだと
私は勝手に解釈している。

それでもどうしても抜けきらない文体の気品というか、
下衆な人間・下卑た場面を描いてはいても、
それを描写するその言葉が流麗で美しくて
「もう、やっぱりゆっきーなんだから♪」
って嬉しくなってしまう。


この作品は、話自体は熟女の失恋⇒成長譚なんだが、
読んでて三島自身が主人公たちに
なりたがってたんじゃないかと思えてきた。

主人公みたいに、知的で家柄が良く美しい熟女になりたい反面、
若さと見た目の美しさだけが取り柄で、
中身は自分が思ってるほど詰まっていなくて、
熟女にコテンパンにやっつけられる愚かな少年
にも
なりたかったんじゃないか……と思えてくる。

あるいは前者が三島の幼い頃から培ってきた素質で、
後者がボディビルを始めてから目指していた像かな。
だって、少年の描写が「肉体」時代の三島の肖像と
印象ダブるんですもの。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]