忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『東京タワー』リリー・フランキー


東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~




私が師匠と呼ぶ人間は3人いる。

1人は毎度お馴染みのバイト先の先輩で、もう1人はサークルの先輩。

そしてもう1人がリリー・フランキーだ。



この本はリリー・フランキー初の長編であり、かつ自伝である。

「ボク」の最古の記憶から、最愛の母=リリー・ママンキーの死を経、現在に至るまでが切々と綴られている。

「野球部のシゴキ」「白タキシード」など、リリーファンにはお馴染みの諸エピソードが、線と線で結ばれる。

ただし、『誰も知らない名言集』で扱われていたときのようなギャグ性は、今回は姿を見せていない。



未だかつてこんなに切なさに溢れた「リリー・フランキー」もなかったろう。

しかしそれを「シケている」と切り捨てるのは、少なくとも私には無理だ。

私はここに、「師匠」も「かまってほしがり」も超えた、1人の「人物」としてのリリー・フランキーの愛やら情やらといったものを見てしまった。

最後の10ページ、私は涙ぐんでいた。

最早「師匠」でなく、1人の「人間」としてのリリー・フランキーに情を抱き、親しみを感じるようになっていた。



半生を綴っているだけにボリュームはあるが、そこは流石の言語センスで読みやすくしてくれてある。

周囲にレポート執筆中の同学たちがいるファミレスにて、3時間で読破。



拍手[0回]

女子の生きざま
4102900160



私がリリー先生を「師匠」と呼ぶきっかけになった本



増量・誰も知らない名言集
増量・誰も知らない名言集




ひたすら「笑い」のリリー・フランキー。



美女と野球
美女と野球




こちらではリリー・ママンキーのことは小出しかつネタとして触れられていて、ぶっちゃけマザコン臭くて苦手だった。

『東京タワー』で全てに納得がいったけれど
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]