忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『午後の曳航』三島由紀夫

午後の曳航 (新潮文庫)
午後の曳航 (新潮文庫)


三島由紀夫作品に関しては、もう私がどうこういうものではないので、
「読んだよ」という記録だけ、という感じなのですが。



この作品にはちょっとした思い出があって、高校の時の模試で
課題作品として出題されたのですよね。
で、模試が終わった後Yちゃんという女子が、
「式子ちゃんあれ何て言う作品かわかる?
 先生に訊いてみたんだけど、
 『確か三島由紀夫』ってことしかわからなくて……。」
って訊いてきたんですね、私に。
当時私村上春樹しか読んでなかったから、わかんなかったのですけれど(汗)。

『午後の曳航』のあらすじを読んで、どうもコレくさいぞとわかったのは大学時代。
すでにYちゃんも私も進学のために家を出ていて、
お互いの現住所がわからない状態で、メアドも消しちゃってて、
結局Yちゃんが『午後の~』にたどりつけたかどうかはわからないまま。

Yちゃんは私に『木島日記』とか『北神伝綺』を教えてくれて、
サブカルの手ほどきをしてくれた(笑)恩人なので、
いま思うとなぜ連絡手段を絶ってしまったのか「( ;´・ω・`)?」なのですが……。
木島日記 (1) (ニュータイプ100%コミックス) 北神伝綺 (上) (角川コミックス・エース)



あと、大学に入ってから知り合った友人に案内してもらって行った
元町を舞台にしているので、風景が容易に思い浮かぶという点でも、
個人的には思い入れの湧く作品です。



いちおう作品の感想を。

三島の「少年観」「(理想の)青年観」「父性観」が一同に介していて
「あ~~なるほど~~……」って思う。

三島は「少年」であり「理想の青年」である自分のまま、
堕落した「父性」を身に着けるまいとして、ああいうことをやったのかな、
なんて、いろいろ。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]