忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『おとうと』幸田文

おとうと (新潮文庫)
おとうと (新潮文庫)

姉弟の二人きょうだい。

前半は、
「あー、お姉ちゃんのいる弟ってこう育つよねー」
ってうなずいてしまうリアルな日常。
弟がいる「姉」ポジションの友達に貸そうかな、
なんて思い始めたところで、弟の肺炎が発覚する。

振り返ると、全編が「死」に彩られている。
かさかさしていて白い。
「ホラホラ、これが僕の骨だ」的な乾度。
(「湿度」じゃない。「寒度」であって「温度」ではなく。)

かつかつと、乾いた骨のぶつかりあう音がする。
看病する主人公の耳には、その音がまとわりついている。
その音をBGMに、克明になっていく父の想い、継母の想い。

「気付いてしまう」「見えてしまう」不幸。
そんなものを感じる、幸田文の作品には。
淡々とした緻密な表現、それがかえって哀切さを感じさせる。
『おとうと』は題材が題材なだけに、なおさら。


つぎは『木』を読みます。

木 (新潮文庫)
木 (新潮文庫)

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]