忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三井家伝来の能装束展




行っちゃった。行ってきちゃった

実は日本橋初上陸w ←おのぼりさんである



江戸末期〜明治初期、能楽のパトロンとなった三井北家の能装束コレクション展です。

歴史的には、能楽などの芸能を庇護するのが大名→財閥という変化の象徴として重要ですし、もちろん文化財産として非常に貴重。

つまりは単純に、観て楽しめるってことです。

ただのお着物とは違って、舞台衣装ですから当然ゴージャスですし、加えて明治時代への変わり目ならではの、モダンな意匠が見受けられます。



↓これとか。



金地の衣装とか、本当に艶やかね!

全面きっらんきっらんしてるの!

「カネかかってる〜」って感じです、本当に。

でも、その「カネ」を文化・芸術に注いだのが、三井家の功績なんですよね。



あと、天女の羽衣(舞衣か……)がいちばん「きれい」って思えたかな……。

透かし編みっていうの? シフォンみたいになってるんですよ。白くて。

舞台で観たら、どんな風になるんだろう〜……。



ちょっと、能とか着物の良し悪しとか観る目を蓄えていたら、もっと楽しめたかもしれないですね!

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]