忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴィヴィアン・ウェストウッド展




photo by Rankin-Icon


六本木ヒルズに行く用事があったので、ついでに行っちゃいました。



ロックから始まって、古典的要素をパロディし、現在に至るまで……。

実際の衣装と、ショーなどの映像資料から、常に時代に先駆けてきたヴィヴィアン・ウェストウッドの仕事の素晴らしさを、歴史的「功績」として知ることができます。

展示の後半部分で見られる、ヴィヴィアン・ウェストウッド自身が語るVTRには畏怖の念すら感じます。

「世の中の服の90%は体に合わせることを考えていない」

「私の服はそれらの服への批判だと思っています」


みたいなこと、言ってた。

あと、イヴニングドレスの展示キャプションにあった

「華やかな服は人生を豊かなものにすると考えています」

ってのも、嬉しい言葉だと思ったなぁ。



「着るもの」としての洋服を観るだけでなく、そこに込められた社会観・思想まで伝わってくる、静謐ながら情熱的な展示でした。



個人的には古典的要素を取り入れ、パロディしたシリーズが好きだなぁ。

絵画がプリントされたコルセットとか、いいなぁって。



そうそう、もっとパンクでロックでビッチなばーさんだと思ってたら、普通に品の良い、きちんとした方なのね。

英語も聞きやすい英語だった。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]