忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スコットランド国立美術館展




これが無ければ渋谷なんか絶対行かないのに、と毎回思うBunkamuraにて開催中のスコットランド国立美術館展



「フィリップス・コレクション展」以来で、生ルノワールに会ってきました。





オーギュスト・ルノワール《子供に乳を飲ませる女性》1893-94年頃


何度観てもエッロいなー、ルノワールは。

ぷくぷくのお肌大っ好き!ってのが100年の時を越えて伝わってくるもんね。

しかしそれは取りも直さずこの画家が対象に注いだ「愛」の結実であって。

滲み出てくる「母性愛」に、今日もうるっとさせられました。

でもこの人、「私は第三の足で絵を描いている」って言ってたんだよね……?



モネもいます





クロード・モネ《積み藁、雪の効果》1891年


この人の絵って、色彩は柔らかいのにタッチが慌しいんだよね、と思う・笑

「瞬間」を描きとめたかったからかなぁ。

ルノワールはストップモーションかかってる感じなのに、モネはこれからも回り続けるフィルムの1コマって感じなんだよね。



でもでも、ルノワール・モネも然ることながら、今回の発掘はこれ





ジュール・バスティアン=ルパージュ《お手上げだ》1882年


らぶい!!

まじ、かわいいんです、この男の子(の絵)!!

い〜〜ぃ表情してるんですよ、ホント……。

くりっとした目が、小生意気だけど愛嬌があんの。

実物は等身大だから、存在感も鮮烈です!

これだけでも観にいく価値があると思った

ミュージアムグッズは買わない派なんだけど、今日はこの子のA5ノートがあって、思わず購入しちゃった……。

500円……。フツーのやつなら200円で買えるのに……。



全体としては、19世紀半ばあたりの、穏やか〜 で 落ち着い〜〜た作品がほとんどでした。

疲れた体で行ったから、ちょうどよかった。

ただこういうのって、

印象に残りにくいのよね

拍手[0回]

画像はすべて、同美術館サイトから。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]