忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「MONET 大回顧展モネ」


公式サイト:「MONET 大回顧展モネ」於国立新美術館





私はひとつ、ここで声を大にして言いたい。

モネは眼鏡をはずして見ろ!!

(※裸眼・コンタクトの人は目を細めて対応のこと)



小学校の廊下の壁に、

モネの「睡蓮」が飾られてまして。

子供ごころに

「なんで絵の具そのまんま置いてるんだろう」

とか思っとったんですが、

わざとピントをぼかして見ると、

まともに睡蓮のかたちが見える。




で、このあいだモネ好きの友達の家に

複製画(読売新聞がくれるやつ)を持っていった折、

その話をしたら、

「確かにそうかもしれない!」

と盛り上がり、お互いめがねをはずして

離れた距離から複製画を見てみる。



ハンパなく3Dですよ、コレ。。。



「日傘の女性」なんかね、

手前の草が浮き上がって見えるの!

空の雲も、写真よりリアルなの!

畏敬とか畏怖とかってより、

 び び り ました。





そんなこともあって、今回の展示は

めがねをかけたりはずしたりして

見てきました。

そういう奇行に走ってる

若い女性を見ていたとしたら、

たぶんそれは私です。


拍手[0回]

国立新美術館はたいがい

展示コンセプトがいけすかないのですけど、

この展覧会は優秀だったと思います。

さすが「構想5年」ですね。





めがねをはずして見るモネは、

やっぱり浮き出てました・笑。



特に風景画、中でもスゴいのはの絵。

雪って、白いし反射するから

風景の中で飛び出て見えるじゃないですか。

あの感覚、そのまんまなんですね・笑。



このことに関してはちょっと面白い評論があって、

『脳の中の美術館』というのですけれど、

「モネは脳で処理される前の、

 『目』が受け止めた光の情報を

 そのまま絵に描いていたのでは?」


みたいなハナシが書いてあります。



●Amazonのページへ 新編 脳の中の美術館
新編 脳の中の美術館






あと個人的に感銘を受けたのは、

「セクション4 連作」の中の「リズム」の項。



これって、森村泰昌が言ってた

「モダニズムの美学」に通じるんですよね。



「モダニズムの美学」ってゆーのは、

余計な肉をそぎ落として、

骨格の美しさを追求した美学・美術様式。

モンドリアンなんか、ホネだけですよね。

ピート・モンドリアン―1872-1944

で、「骨格」だけなので、モダニズムにおいては、

モチーフ・構図のリズム・アクセントが

より大事になってきます。



モネは「肉」の付いている絵画を

描いた人ですけれど、

「セクション4 連作 リズム」では、

このリズムですとかアクセントを

重視していたことがわかるようになってるんですね。



この展示は

「モネ=近代絵画の元祖」

みたいなコンセプトらしいんですけど、

そーいう点では「モダニズムの走り」と

呼んでもいーんじゃないかな、と

ひとり、ワクワクしておりました。





「モダニズムの美学」の講義は、こちら↓に。

美術の解剖学講義
美術の解剖学講義

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]