忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

「靉光展」




雨の竹橋、久しぶりに空いている美術館。

ていうか美術館自体久しぶり。



靉光は、1946年に38歳の若さで戦病死した画家。

実は知らない画家だったのだけれど、ポスターの絵の妙な薄暗さと、同時開催の「リアルのためのフィクション」展に惹かれ、参拝。



やはり東京国立近代美術館にはハズレがないなぁ、と再認識。

わかりやすく「魅力的」ではないんだけれど、混沌とか苦悩とか、暗さとちょっとのユーモア

いろんな画風を試した(試している最中に死んでしまった)人だから、

「ぜんぶお気に入り!」

ってことはないだろうけれど、たぶん誰にでも1〜2枚は「クる」と思う。



私が「キた」のは1940年の『花園』と1941年の『百合』。

前者は『花園』と銘打ちながら、赤褐色のウネウネしたものが蝶を呑み込まんとしている、さながら地獄絵図

対して後者は、日本画の技法を継承しているんだけれど、花と茎との結節点までしか色を塗っていない。

その塗り残し方が、妙に色っぽい。



キホンどろどろした画風の人だったのに、徴兵直前の最晩年は、色も筆遣いもさらさらしていたのに、しんみりしてしまった。





西端100年 靉光展 Webページ

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]