忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「文学の触覚」展

★東京都写真美術館Webサイト



気まぐれに行ったのですが、
存外楽しめました。

入場料400円で、まぁ展示数少ないんで
相応かなって感じなんですが(笑)、
鑑賞者が直接参加できるような
インスタレーション
が多いので、
時間に余裕があるときに行って
ぼーっと遊ぶ、ってすると面白そう。

文学と現代美術のコラボレーション……
みたいな企画コンセプトでいいのかな。
現代ならではのテクノロジーを活かして、
「読むもの」「考えるもの」とされている
文学を、敢えて「感じてみよう」と。

森野和馬氏の「谷崎リズム」は是非
映像が一周する間居座ってほしい。
あいうえお五十音にそれぞれ
どの楽器の・どの音階か を割り当て、
『陰影礼賛』の一説を楽譜のように
再現しているんです。
それをして何になるかって
ハナシかもしれないんですが、
言ってみれば
「文学を『聴覚する』」
みたいな試みかな?

難癖を付けるとすれば、
あまりにもテクノロジテクノロジしすぎというか、
会場全体がMacっぽいデザインというか……
白+プラスチック+丸
に囲まれていて、なんだか落ち着かない。
せっかく「触覚」とか感覚に訴えるための
展示だったのだから、ひとが居心地よく
すごせる空間を演出してほしかったな、と思います。

拍手[1回]


■会 期:2007年12月15日(土)→2008年2月17日(日)
※2007年12月28日(金) 10:00~18:00
※2008年1月2日(水)~4日(金)年始特別開館 11:00~18:00
■休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
■会 場:地下1階映像展示室
■料 金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円

excite.ism記事

PR

Comment

無題
  • 桜餅
  • URL
  • 2007-12-28 01:39
  • edit
はじめましてー
桜餅といいます。展覧会のことが詳しくかかれていてすごく参考になります。文学の触覚展、気になっていました。展覧会は文学のことをある程度知らないと楽しめない感じですか?
>桜餅さん
  • 紫式子
  • 2007-12-29 15:49
  • edit
はじめまして、お褒めの言葉ありがとうございます。
元の作品を知っていたらもっと楽しいかも、
とは思いますが、知らなくても十分
「何を試みようとしているのか」は
わかるようになっているので、
大丈夫だと思いますよー。

展示面積・作品数はすごく小さい&少ないので、
恵比寿界隈にほかの用事があるときに
併せて行かれたほうがいいかもしれませんw
無題
  • 桜餅
  • 2007-12-30 00:29
  • edit
アドバイスありがとうございます。
安心しました。楽しみになってきましたvv
作品数が少ないんですかーでもじっくりみれますね!多いとすぐ疲れてしまうのでよかったです。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]